保険が効く?効かない?

皆さんが歯科医院で虫歯の治療をするときなど、

大抵は健康保険の適応になるためにとても安価に治療を受けることが出来ます。

しかし、一般的な矯正治療や審美歯科などになると保険が効かなくなります。

 

例えば抜歯についてですが、歯周病や重度の虫歯、歯の根の先に病気がある、乳歯がなかなか抜けない・・・

などの場合は保険が効きます。

しかし、矯正治療における抜歯(便宜的におこなうため、便宜抜歯と呼ぶことがあります)は

健康な歯を抜くために、病気としては認めらず自費となります。

 

親知らずの場合を考えてみましょう。

親知らずは智歯周囲炎と言って、歯茎が腫れることもあるような炎症を起こす頻度の高い歯です。

また、半分顎の骨に埋まっていることでハミガキがしづらく虫歯になったり、

隣の歯にぶつかり汚れが挟まることで別の歯が虫歯になったりと、問題を起こしやすい歯です。

すると歯を抜くのにも正当な理由が出来ますので、保険適応となります。

この正当な理由を決めるのが国の診査・支払機関になります。

 

上記の他に、変な場所に生えてしまったせいで粘膜などを傷つけてしまうケースや、

過剰歯といって本来ないはずの余計な歯などは保険適応になります。

ご自身のお口の中で、治療をしたいけれど保険が効くかどうか気になるという方は、一度ご相談ください。

 

Web予約