事故などで歯を損傷してしまった場合・・・

  • HOME
  • ブログ
  • 事故などで歯を損傷してしまった場合・・・

思わぬ事故で歯を折ってしまった、という患者さんが稀にいます。

特に、交通事故に巻き込まれた場合、顔面をぶつけてしまい歯が折れることがあります。

交通事故で顔面をぶつけたら、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

歯にヒビが入っているのに気づかない場合もあります。

 

交通事故で怪我をすると、通常は保険金がおります。

相手の保険会社と折衝し、診断書を作成する必要がありますが、

折れたものを修復する、無くなった部分にブリッジや入れ歯を入れるなどの治療は

問題なく保険金が支払われることでしょう。

しかし、例えば歯を失ったところにインプラントを入れようとすると保険金がおりないことが殆どです。

インプラント治療は審美性が優先されると思われており、費用も高額で、入れ歯やブリッジでも代用できるためです。

 

同じように高額治療になる矯正ですが、こちらは交通事故で歯並びが変わってしまったということが証明できれば

保険金がおりるケースがあります。もともとの良い歯並びの写真や模型などがあれば比較できるため、請求しやすくなります。

ただ、普通の人は自分の歯並びの模型などは持っていないため、かかりつけ歯科医院があると安心です。

 

なによりも事故に遭いたくはありませんが、もしもの時にどう行動すればよいか知っておくことは大切です。

事故で歯をぶつけてしまった・折ってしまったら、すぐに歯科医院を受診しましょう。

 

Web予約