詰め物や被せ物を銀歯にするか白いものにするか

  • HOME
  • ブログ
  • 詰め物や被せ物を銀歯にするか白いものにするか

 皆さんのお口の中、銀歯はどのくらいありますか?今日は、詰め物や被せ物の素材についてです。

銀歯になるか白い詰め物や被せ物になるか、どうやって決めているのでしょうか?

歯科医院によって異なる部分もあるかと思いますので、今回は佐野歯科医院の例でお話ししたいと思います。

 

【銀歯になるケース】

・広範囲にわたる虫歯

・対する咬み合わせの歯が銀歯

・咬頭(咬み合わせる面の山部分)を覆う必要がある

・白い詰め物にするといつも同じ個所が壊れる

 

【白いものになるケース】

・範囲の小さい虫歯

・かかる力が強くない

・金属アレルギーがある

・審美的な観点から、見えやすい部位である

 

 特に金属アレルギーがある場合は、奥歯であっても白い被せ物が保険でセットすることができます。

ただし診断書が必要になりますので、皮膚科などで診断してもらってください。

Web予約